チューリップの国オランダで見つけた美味しいもの

2017年春チューリップと風車の国オランダに引っ越しました。オランダで美味しいもの探し中です。

オランダの日本大使館で「パスポート更新」の手続きをしてきた!!

f:id:oisiioranda:20170527044543j:plain

パスポートの有効期限が来年の3月までなので一年を切ってしまいました。期限切れまでにはまだ余裕があるのですが、旅行で行くかもしれない国によっては「パスポートの残存期間が六か月以上」ということもあります。

いざという時にバタバタしないためにも、余裕をもって「パスポートの更新しておこう」と決めていました。ちょうど、旦那さんがオランダ免許への書き換えに必要な書類を作りに日本大使館に行くというので、一緒にいくことになりました。

 本当はオランダに来る前に日本で更新しておけば良かったのですが、気が付いた時にはVISAの取得でパスポート番号の申請が必要になっていて、その手続きが終わった後オランダ入国前に「パスポート番号がかわるのはまずいかも?」という状況になっていました。

以前、ロンドンに住んでいた時もイギリスの日本大使館でパスポートの更新をしていたので、「今回もアムステルダムに行ってからでいいや。」なんて気軽に考えていました。

ところが、日本大使館アムステルダムにはないんです。「Den haag(デン・ハーグ)という街にある」んです。これが、結構遠くて、途中で乗ったバスが反対方向だったなんてトラブルもあって思いのほか時間がかかりました。

なんでそんなところに大使館があるのかというと、オランダの首都はアムステルダムですが、政治の中心地、実質的な首都はデン・ハーグなんだそうです。

だから当然、日本大使館だけでなく各国の大使館はデン・ハーグにあります。でも、日本人の居住地は圧倒的にアムス付近が多いので、すごく不便です。

そこで、年に数度アムステルダムやアムステルフェーン(日本人が多く住む街)で領事館の出張サービスが行われているようです。

今回は出張サービスの日程があわなかったので、デン・ハーグに行ってきました。

政治の中心「デン・ハーグ」へ電車の旅

私たちはデン・ハーグに行くのに、まずインターシティという快速電車に乗りました。アムステルダムからダイレクトでデン・ハーグに行ける電車もありますが、途中のスキポール空港まで行く電車が頻繁にでてるので、これに乗って乗り換えるという手もあります。

f:id:oisiioranda:20170527031830j:plain

私たちはデン・ハーグ行きの電車に乗ろうと思って時刻表をチェックしていたんですが、駅につくと電車がやたらとキャンセルになっていました。仕方がないので、とりあえずスキポール空港行の電車に乗りました。

しかし、スキポールに着くと、その電車がそのままデン・ハーグに行く電車にかわりました。

 
あれ?今の電車デン・ハーグまで行くみたい
 
えー!!「スキポール行き」って出てたよね?一回降りちゃったじゃん

とかなんとか言いながらも今降りた電車にもう一度乗り込み、外の景色を見ていると30分くらいでデンハーグに到着しました。ところが日本大使館に行くためには、さらに24番のバスに乗り換えて20分ほど行く必要があります。

f:id:oisiioranda:20170527044359j:plain

インターシティにチェックインすると、まず20€ひかれてチェックアウト時に差額を精算するので、インターシティに乗るには、OVチップカードの残金が20€以上必要です。

また、インターシティには一等車両と二等車両があって、一等車はもっと高額です。一等車にのるためにはOVチップカードに一等車に乗るという登録をしておく必要があります。一等車登録をしてないOVチップカードで一等車に乗ったことがバレると(しょっちゅう車掌チェックがあります)、罰則金を支払わなくてはいけないので要注意です。

インターシティには二階建ての車両があって、2階のQと書かれている車両は静かにしなきゃいけない車両です。みんな小声でひそひそ話しています。お友達とにぎやかに乗りたい人はQと書かれていない車両にどうぞ!!

あれれ?終点についたのに目的地を通らない?

バス乗り場は、電車を降りてエスカレーターで上がったところにあります。私たちが乗る24番はAAという案内が表示されていました。バス乗り場に行ってみると、Aと書かれたバスストップに24番のバスが止まっていました。

急いで乗り込むと、なんだか方向が違うような!?でも、よくわからないのでそのまま乗っていると終点についてしまいました。どうやら、反対方向のバスに乗ってしまったようです😨。折り返しのバスに乗って、再びデン・ハーグの駅を通り過ぎ、ようやく目的地の「Laan van Meerdervoort」に到着しました。そこからは数分で大使館に到着します。

オランダの日本大使館について

住所: Tobias Asserlaan 5, 2517 KC Den Haag, The Netherlands
TEL: +31-(0)70-3469544
各種申請:9:00~12:30、13:30~16:00

アムステルダム市内からのアクセス:
インターシティ線でDen Haag Centraalへ
②24番「kijkduin」のバス「Laan van Meerdervoort」下車4分
※バス停には、「kijkduin行き」と逆方向の「Station Mariahoeve行き」が並んで停まるので乗り間違えに注意!!大使館のページには行先まで書いてないです。

大使館には日本語ペラペラのオランダ人担当者がいる

f:id:oisiioranda:20170527044110j:plain

大使館に到着して入口のブザーを押すと、英語で「ご用件は?」と聞かれました。パスポートの更新にきたことを告げると鍵が開き、受付にすすむことができました。受付の方は日本人ではなく、英語で「荷物をロッカーに入れて金属チェックを受けるように」と指示されました。

旦那さんは金属チェックで何度も引っかかってちょっと切れかけましたが(笑)、なんとか無事に大使館内に入ることができました。

窓口には誰もいなかったのでブザーを押すと、日本語を話すオランダ人の女性が案内をしてくれました。パスポート更新に必要な書類を渡すと、「一週間後にできるから」と言って引換証を渡してくれました。

パスポート更新に必要な書類

日本で申請するときと同じです。
パスポート申請書(海外の場合は、インターネットでDLできます。)
※事前に入力して印刷しておく
②現在のパスポート(新しいパスポートの引き渡し時に返却)
③IDカード(滞在証明書)
④6か月以内に発行された戸籍謄(抄)本
※本籍地の都道府県が現在のパスポートと一緒なら不要
⑤写真
※細かい規定があるので、詳しくは下記参照(駅にあった写真ブースで撮った写真で大丈夫だったけど)
パスポート申請用写真の規格(平成28年4月20日更新) | 外務省

手数料が10年用のパスポートで131€(約16,300円)かかりますが、支払は受け取りの時でよいそうです。

このとき、オランダの運転免許証の書き換えに必要な書類の作成もお願いしたのですが、長くなってしまったので後日免許書き換えのお話をまとめてアップしたいと思っています。