チューリップの国オランダで見つけた美味しいもの

2017年春チューリップと風車の国オランダに引っ越しました。オランダで美味しいもの探し中です。

オランダのスーパーで買える日清のカップ焼きそば(味は?日本と違う?)

f:id:oisiioranda:20170630171206j:plain

日本の食材は、日本食材店やアジア食材店に行かないと買えないもんだと思いがちですが、実はオランダでは普通のスーパーでもかなり日本食材を扱っています

 先日、気になって買ってみたのが日清のカップ焼きそば。カップ焼きそばといえば、日本では背が低い四角い入れ物に入ったものが定番ですが、こちらのスーパーで見つけたのはカップヌードルと同じような縦長のカップに「Soba」と書かれたカップ焼きそばでした。

 
これ大丈夫かな?

とちょっと心配になりましたが、値段も手ごろだったので挑戦してみることにしました。(以前、中華食材のお店で思い切り失敗してますが。これは日清だし💦)

オランダのスーパーで買える日本食材

私が普段よく使うスーパーは、オランダの大手スーパーマーケットチェーン「Albert Heijn(アルバート・ハイン)」ですが、ここには結構な量の日本食材が置いてあります。

f:id:oisiioranda:20170630172828j:plain

上の写真の通り、ペットボトルに入った緑茶や、みりん、すし酢なんかが売られています。とくに、お寿司はオランダでも人気なようで、海苔や巻きすといった寿司関連のものは日本よりちょっと高いけど普通に買えます。

日本で売られているものがそのまま売られてるものもあれば、こちら用にアレンジしてあるものもあります。英語やオランダ語が書かれているものは、アレンジしてあることが多いので購入には勇気が必要です。

アルバート・ハインの寿司コーナーについて」

アルバートハインには寿司コーナーがあって(無い店舗もあります)、日本人ではないけどアジア系の人が店内で寿司を握っています。ネタはマグロではなく、サーモンがメインですが結構こっちの人に人気があって、買ってる人をよく見かけます。

そのお店では寿司以外にも、アサヒビールやカップ麺(出前一丁)などの日本食材を扱っています。

ちなみにアルバート・ハインは日本のものだけじゃなくて、アジアのいろんな地域のものも売ってます。中国のオイスターソースや豆板醤。東南アジアのものも、ベトナムフォーやタイカレーの素、チキンサテ用ソースなどなど。

そのうち、スーパーマーケットについても詳しくレポートしますね。

【感動】さすが日清!湯切りの穴がちゃんとある!!

そして見つけたのが、カップ焼きそば。

f:id:oisiioranda:20170630173525j:plain

がっつり、オランダ語とフランス語とドイツ語が書かれています。英語さえありません。「でも、日清だし(笑)」

このカップ焼きそばは、クラシック(たぶんソース味)、すき焼き味、焼き鳥味、チリ味などいくつかの種類がありましたが、クラシックとすき焼き味を買ってみました。

f:id:oisiioranda:20170630173811j:plain

f:id:oisiioranda:20170630174450j:plain

以前、中華食材店「東方行」で購入した中国のカップ焼きそばには湯切り用の穴なんてついてませんでしたが、こちらは「さすが日清(しつこい💦)」縦型カップでもちゃんと湯切り穴が開いてます。

蓋を開けてみると、こんな感じ。

f:id:oisiioranda:20170630174619j:plain

ちゃんと、「この穴からお湯を捨ててくださいね」って書いてあります。オランダ語とフランス語とドイツ語なんで、たぶんですけど…。まぁ、絵が書いてあるので分かりますよね。

f:id:oisiioranda:20170630174758j:plain

蓋をはがすと、ソースが出てきました。

f:id:oisiioranda:20170630174901j:plain

かやくは麵と一緒になってました。

お湯を入れて3分。湯切り穴からお湯を捨ててソースをまぜて、いざ実食!!

 
はっ!!出来上がり写真をとるのを忘れてしまった。

見た目はね、想像通りです💦ちょっとソースの色が濃い目かな。肝心の味はというと、少し濃いような気がしましたが、普通に食べられるソース味でした。麵も日本で食べるものと遜色ありません。値段も€1.39(約180円)とお手頃だったので、一人で簡単に済ますランチとかに使えそうです。

ちなみに、すき焼き味はまだ食べてないのですが、食べたらこのページに「どんな味だったか」追加しておきます。