チューリップの国オランダで見つけた美味しいもの

2017年春チューリップと風車の国オランダに引っ越しました。オランダで美味しいもの探し中です。

【家を貸す(2)借り手探し】海外転勤が決まってやったこと

f:id:oisiioranda:20170720183713j:plain

オランダに転勤が決まり、それまで住んでいたマンションを賃貸に出すことにきめました。

マンションの借り手を探したり管理をしてくれるリロケーションサービス会社との契約を済ませ、賃貸情報サイトに我がマンションが掲載されました。

oisiioranda.hatenablog.com

不動産情報サイトにマンションの情報を公開、借り手探しスタート

住む部屋を探す方法はいくつかありますが、今の主流は何と言ってもインターネットです。「SUUMO」とか「at home」などの不動産情報サイトで気になる物件を探して内見を申し込むという方法が一般的です。

f:id:oisiioranda:20170724172853j:plain

情報サイトへの公開手続きはすべて不動産屋が対応してくれます。私たちがやったことは、マンション内の写真を撮って不動産屋に送ることだけでした。

★写真撮影のポイント

借り手探しを始めたとき、私たちはまだそのマンションに住んでいたため、当然家具などは置いたままです。家具があると部屋が狭く見えてしまうため、情報サイトに載せる写真としては少々マイナスです。

なるべく部屋の荷物を減らして部屋が広く見えるように、生活感が出ないように注意して撮影しました。カメラはスマホではなくデジカメを使いました。

写真を送ると2~3日で、有名な不動産情報サイトのほとんどに我がマンションの情報が掲載されました。これが2月初旬、オランダに出発するまであと一か月半という時期でした。

思っていたほど反響がない?

うちのマンションは、わりと人気路線といわれるエリアにあります。しかも、買ってから一年ちょっとと新しいこともあり、どの不動産屋でも「心配しなくても借りてはみつかりますよ」と言われていたので、そんなに心配していませんでした。

ところが、

 
そんなに甘くはなかったのです。

結局、私たちが出発するまでに内見に来てくれたのは1家族だけ。その方たちは、マンション自体は気に入ってくれたものの駐車場の関係で契約にはいたりませんでした。2月~3月という、4月からの新しい生活に備えて家探しが佳境になる最もいい時期に物件を出したにも関わらず、情報サイトの閲覧履歴も今一歩でした。

ということはつまり、借り手のニーズに合った物件ではないということです。

f:id:oisiioranda:20170724175054j:plain

実は、うちのマンションの間取りは「1LDK+S」。Sというのは、サービスルームとか納戸と言われるもので、採光条件の関係で「2LDK」表示ができないのです。実際に見てもらえれば2LDKとして利用できる物件なのですが、情報サイトで「2LDK」で検索しても引っかからないということになります。

1LDKで部屋探しをしている人にとっては、家賃と広さが基準から外れているため物件の詳細を見てくれる人がなかなかいなかったというわけです。しかも、まだ空き部屋ではなかったため「即入居」で探している人にとってはハナから対象外となってしまいます。

★物件に反響がなかった理由

  • 間取りが「2LDK」ではなく「1LDK」表示となる
  • 即入居ではない

というわけで、オランダに出発するまでに借り手を見つけるという目標は達成できませんでした。

ようやく借り手が決定、不動産屋の頑張りにも感謝

f:id:oisiioranda:20170724175537j:plain

※うちの写真ではありません

私たちがオランダに発った後お部屋のクリーニングが行われ、不動産屋の手によってスッキリ片付いた部屋の写真が情報サイトに掲載されました。その時点で、「3月下旬入居」から「即入居」に条件もかわりました。

ほぼ同じタイミングで家賃も少しだけ値下げしました。実は、ネットで検索条件を指定するとき5万円単位で家賃を絞り込む人が多いんだそうです。

これがどう影響するかと言うと、たとえば10万円以下で絞り込んだ場合、99,500円は表示対象となりますが100,500円は非表示となってしまいます。たった1000円の違いで、見つけてもらえなくなってしまうんですね。実際に不動産屋で両方見せられたら、「1000円高いけどこっちのがいいね」となるかもしれないけど、ネット検索の世界では一方は見てもらうこともできないというわけです。

f:id:oisiioranda:20170724182928p:plain

このことを考慮して、少しだけ家賃を下げ検索に引っかかりやすくしました。
すると、なんてことでしょう。
家賃を下げて1~2週間で、内見に来てくれた人が「借りたい」
と申し込んでくれたではありませんか。

上で1~2週間と書きましたが、これは不動産会社からの連絡が保証会社の審査を通った後だったので、具体的な日にちはわからなかったからです。

不動産屋では申し込みがあると、オーナーの条件にあった借り手かどうかの判断を行います。ここでGoが出ると、家賃保証会社に審査を依頼します。保証会社は、申込者の収入や勤務状況を審査して合否を決定します。

保証会社でGoが出て初めて、オーナーである私たちに連絡があったというわけです。申込情報や審査情報の詳細が送られてきて、最終判断をオーナーがくだします。

申し込んでくれた方について詳しいことはお話しできませんが、私たちの希望する条件にピッタリの方だったので私たちも「Go」を出しました。

私たちがオランダについて約一か月、
希望より一か月遅れでマンションを借りてもらうことができました👏🙌

 
賃貸情報への掲載は
ネット検索する人の心理を第一に考えないとね!!

oisiioranda.hatenablog.com