チューリップの国オランダで見つけた美味しいもの

2017年春チューリップと風車の国オランダに引っ越しました。オランダで美味しいもの探し中です。

アムステルダムの中華、北京ダックと揚げ焼きそばが美味しい「南記(Nam Kee)」

f:id:oisiioranda:20170522192410j:plain

テレビ東京で毎週金曜日の深夜に放送されている「孤独のグルメ」。先日「皿うどんの巻」が放送されたことを知って、「オランダでも皿うどん、いや、かた焼きそばが食べられる店ってあるのかな?」と思い立ち調べてみました。

いくつかのブログを見て、「Nam Kee」という店に「
Crispy noodles」があることを発見!!さっそく行ってみることにしました。

アムステルダムの中華街、お寺の前の中華料理店「Nam Kee」

 
ねーねー、今日のお昼かた焼きそば食べに行かない?
 
いいねー。どこにあるの?

そのお店、「Nam Kee」はアムステルダム市内に3店舗あります。私たちがいったのは、アムステルダムの中華街と呼ばれるエリアにある本店です。なんとオランダ映画のモデルにもなった超有名店なんだそうです。「かなり楽しみ」になってきました。

住所:Zeedijk 111 – 113, 1012 AV, Amsterdam
TEL:+31(0)20 6243470
最寄駅:メトロ51,53,54「Nieuwmarkt(ニューマルクト)」下車
OPEN:毎日12:00 - 23:00
http://namkee.nl/home-en/

ニューマルクトの駅の近くには、もう一店舗あります。本店は、荷花寺(He Hua Tempel)というお寺の向かいにあります。

f:id:oisiioranda:20170522193918j:plain

このお寺には「千手観音」が祭られていました。

f:id:oisiioranda:20170522194804j:plain

0.5€(約60円)でおみくじらしきものがあったので引いてみると、「生まれてきた意味をしっかり考えて生きなさい」てきな文章が書かれていて「大吉」とかは書かれていませんでした。ちなみに、中国語版と英語版があります。

人気№1メニューは大盛りごはんつきの北京ダック

さて、話を元に戻してNam Kee訪問です。メニューから私たちが選んだのは、

・ワンタンスープ
・北京ダック
・揚げ焼きそば(ポーク)
中国茶

今日のメイン「揚げ焼きそば」、いわゆるパリパリの麵ではなく焼きそばを多めの油で揚げ焼きにしているものです。英語でCrispy noodlesと書かれたそのメニューは「チキン・ポーク・ビーフ」の3種類があります。

このお店で驚いたのは注文から料理が出てくるまでの時間がとても早いこと。揚げ焼きそば以外は、オーダーにきた店員さんがいったん下がったと思ったら、そのまま料理を持って戻ってきた感じです。時間がないサラリーマンのランチにピッタリなお店だなと思いました。早く出てくるといっても、料理はちゃんと温かかったし、心配はいらないですよ。f:id:oisiioranda:20170522200651j:plainまずは「ワンタンスープ」4.5€(約570円)を一口。スープは薄めの味付けでしたが、脂っこい中華を食べる前のお腹の準備には良さそうです。ワンタンには、お肉やシイタケなどの具がぎっしりつまっていました。

f:id:oisiioranda:20170522205908j:plain

中国茶は、ジャスミンティーではなくウーロン茶のようでした。ジャスミンティー、私は好きですが癖があって苦手という人も多いですよね。オランダにきてから外食の時は必ずビールを注文してしまう旦那さんも、この日はお茶を飲んでいました。まー、こっちのパブとか行ったらビールが飲みたくなる気持ちはわかるけどね。f:id:oisiioranda:20170522200901j:plainつづいて「北京ダック」12.5€(約1560円)。このお店の北京ダックは皮だけではなく身もついていて、蒸した(もしくは茹でた)白菜の上にのって出てきました。別添えのタレをつけて食べるようですが、このままでもしっかり味がついていました。皮の部分はパリパリに焼かれていて、「さすがお店のナンバーワン人気メニュー」といった感じです。おてんこもりに盛られた白飯つきです。

お店で食べずにお持ち帰りをして、お家でゆっくりという人も多いそうです。f:id:oisiioranda:20170522201509j:plainそしてお待ちかねの「揚げ焼きそば」12.5€(約1560円)。豚肉と青梗菜がたっぷりのっています。麵も日本で食べるものを想像してガックリなんてことはなく(よくあるんですよね、そういうの)、しっかり揚げ焼きされていました。味もちょうどよかったです。途中で味を変えたいときは、テーブルにおいてある「オイスターソース」をちょい足しするといいと思います。これで二人でお腹いっぱい。北京ダックに添えられていたご飯はほとんど残してしまいました。色々なメニューが食べたかったら大勢で来た方がいいと思います。

夜は混んでいて入れないことも多いそうなので、予約がオススメです。私たちは土曜のランチに訪問しましたが、開店後まもない時間の入店で7割くらい席が埋まっていました。お店には他に日本人のお客さんはいませんでした。一番多いのが中国人で、現地の人も来ていました。

アムスの中華を食べてロンドンの飲茶を想う

アムステルダムの中華を食べるのは初めてでしたが、かなり美味しかったです。他にも美味しい中華屋さんがあるようなので、色々行ってみたいです。以前、ロンドンに住んでいた時は、よくDim Sum(飲茶)に行ってました。ロンドンの飲茶、かなり美味しいんですよねー。チャイナタウンにある「Leong's Legend」の小籠包とか何度通ったことか。お店の人に「日本人は小籠包と杏仁豆腐が大好きだね」って笑われたなー。

海外で中国料理やタイ料理といったアジアの料理を食べると、和食より違和感なく美味しく食べることができます。和食だとどうしても生意気に「違うなー」とか言っちゃうんですよね。日本に比べて値段も高いし😿